歯周病の原因

Areanet歯科

1、プラーク(歯垢)
70〜80%が細菌です
左はプラークが歯の表面に残っていたために、そのところが
白く溶けた状態になり、初期のむし歯になっている。
右は気をつけてみがきだして半年後、白いところが消えている
プラークはむし歯の原因にもなります。

2、歯石
歯ブラシでは取れません

プラーク(歯垢)が石灰化したもの。プラーク・歯石が付いている以上、歯周疾患は治りません。

 Ν◆〇肉縁上歯石
   歯肉縁下歯石


3、隙間のある詰め物など
不潔な状態です。
治療をして被せたり、つめたりしたものの隙間にプラーク(歯垢)が付くと取れにくくなります。

4、歯ならび
きちんと歯みがきをしているつもりでも・・・
赤染めをしてみると歯ならびが悪い部分だけ
歯ブラシの毛先があたっていいないことがわかります。
5、咬み合う歯がない
咬み合う歯がないと、傾いたり伸びたりします

物を咬む時に食物
との摩擦がないと・・

歯が寄ってきてしまいます。
6、ブラッシング不良
ブラッシングは何に対しても基本です。
 




サイト名: Dental-access   http://www.dental-access.biz
この記事のURL:   http://www.dental-access.biz/modules/tinyd0/index.php?id=1